私は今年52歳で、慢性閉塞性肺気腫に苦しんでいます。主な症状は、胸部圧迫感、2年間の息切れ、活動後に増加します。


私は今年52歳で、慢性閉塞性肺気腫を患っています。主な症状は、胸部圧迫感と2年間の息切れ、活動後に悪化します。発症時​​間:2007.7臨床検査結果:慢性閉塞性肺気腫注入[セファロスポリン]+スルファミンチンキエアロゾル。当時は機能していましたが、理想的ではありませんでした。


臨床的には、薬物療法、呼吸機能運動、在宅酸素療法、および理学療法は、肺気腫の状態を緩和および制御するのに役立ちます。この病気は、糖質コルチコイド系抗生物質を使用することで効果的に制御できます。毎日持続的な腹式呼吸は、横隔膜の活動を高めるのに役立ちます。普段は自宅での回復を守ることで、患者さんの寿命を延ばし、患者さんの痛みを和らげることができます。 p>